DIY

ストーブガードを自作しました~DIY作品~

最近災害による停電などで「暖房が使えなくて困った」なんていうニュースもあり石油ストーブを目にする機会も増えてきました。

我が家は10年ほど前に奥さんの憧れだったアラジンの石油ストーブを購入

冬になるとストーブの上でお湯を沸かしたり、みそ汁を沸かしたり、お餅を焼いたりと暖房以外にも色々と重宝する素敵なアイテムです。

ですが・・・この石油ストーブの素敵な機能が、子供にとっては凶器に早変わり!

寝返り時期ならいいですが、ハイハイやつかまり立ちをしだすと、とてもじゃないけど恐ろしくて使えません。

奥さんの強い要望もあり(奥さん自身が使いたいのもあるようですが)うちの娘のためにもストーブガードをと思って作成しました。(作成したのは2015年の11月ごろです)

完成したものの紹介になるので、作っているところはあまり写真がありません。すみません・・・

そして完成したストーブガードはこちら↓

それでは作り方をご紹介します。

【設計編】石油ストーブガードの作り方

コンセプト

まずは『コンセプト』どんなことを達成したいか書き出していきます。

目的は子供が触れないようにするのが第一!

あとは不便なく使える。冬しか使わないので解体できるようにしたい。

色々考えまして、今回は下記のようなコンセプトで設計していきます

・高さは70センチ(1歳の娘がつかまり立ちしても届かない)
・ストーブガードの中でストーブの開閉が出来る(点火できる)
・使い終わったら解体が出来る
・鍵付きの扉をつける
・ちょっとした物置が欲しい

デザイン

これらを考えた結果こんなデザインにしました。

実は設計段階で非常にDIYの8割は決まってきます。
ここでどこまで気を配れるかが勝負です!!

組み立て順なども含めて頭の中で色々とシミュレーションします。

二つ例でご紹介します。

①ストーブガードの大きさ
コンセプトで書いた「中で開閉できる」様にするため、ストーブガードの幅はストーブを開けた状態で寸法を測り決めました。

②ボルトの長さ
鬼目ナットの深さと固定する材料の幅から必要なボルトの長さを計算し、鬼目ナットから飛び出さない様にしています。特に天板の取り付けは慎重に。

こういう細かい所まで気を配れると作業はすごく順調で楽しいです。
逆に準備不足だと作業が中断して新しい材料をホームセンターに買いに行く、なんてことも多々あります。そうすると、せっかく気分がノッていたのにがっくり来ちゃいますよね。機能や作り方やデザインを決めて、それが予算内に入った設計ができたときは嬉しいですよ~。

必要な材料と工具

必要な材料を表にまとめました。合計で大体4000~5000円位です。

必要な材料 サイズ 数量 用途
木材
白木(ホワイトウッド) 30×40×1800 8本
ステン亀甲金網 910巾 2.5m ガード
MDF 900×900×5 1枚 金網出っ張り隠し
パイン集成材 900×300×18 1枚 天板
その他ビス類
コーススレッド 4.5×51 40本 枠組み立て用(ダボ無し時は4.5×70以上)
コーススレッド 3×20 100本 MDF取り付け用
鬼目ナット M6×13 16個 解体のためのボルトねじ止め用
鬼目ナット M4×20 8個 解体のためのボルトねじ止め用
ボルト M6×50 16本 枠同士接合用
蝶番 お好みで 2個 扉取り付け用
お好みで 1個 扉の鍵
取っ手 お好みで 2個 扉の取っ手
ダボ φ10 40本 穴隠し(なくても可)

必要な工具も表にまとめました。ドライバーやドリル、ニッパーといった普通の工具があればOKです。

必要な工具    
電動ドライバー 組み立て/穴あけ用
のこぎり 木材カット用 失敗用に準備しておく
クラフトソー(アサリ無) ダボカット用
ドリルビット φ6(M4用) 鬼目ナット用
φ9(M6用) 鬼目ナット用
皿取り錐(内錐付き) 3.5×10×80L 下穴とダボ穴用
ニッパー 金網切断用(強力なのが欲しい)
タッカー芯 金網用
タッカー 金網用
塗料 お好みで(今回ブライワックス使用) 枠塗装用
トリマー 金網付けるための段差作成用、無くてもOK
埋木錐 ダボ自作用(なくてもOK)

トリマーなどちょっと特殊な工具は今後使うことが無ければ購入せず、別の方法で代用していきましょう。

【組み立て編】石油ストーブガードの作り方

材料のカット

こちらはホームセンターのカットサービスで切ってもらいました。

ホームセンターによっては10カット無料などもやっていますし、
有料でも1カット10円程度なので頼んじゃいましょう。

ここで一つポイント

『扉の部分をちょっと短くする』
扉は開閉するので、地面と天板にこすらない様にあえて10mm程度短くします。(上下5mmずつ隙間を開ける)
※上の木取り図でいうと690mmのところです。

次に白木に少し加工します。

トリマーを持っている方

白木を端から10mm程度を深さ5mm削っていきます。

この段差に金網を取り付けます。

トリマーを持っていない方

トリマーを持っていない方は、板を貼って段差が出来るようにすればOKです。上の図でいうと、厚み5mm×幅25mm×長さ(白木の長さ)の板を貼り付ければOKです。

この方法は段差の分寸法が変わるので注意が必要です。

塗装

DIYerなら必ず目にしたことのある塗料ブライワックスを使用します。わたしはダークな色合いが好きなのでウォルナットを使用しています。

こちらを白木とパイン集成材に塗っていきます。乾いたら、ブラシで擦ったあと乾いた布で磨くと光沢が出てきます。

ここはご自分の好みでOKです。ナチュラル系が好きな方は白をシャビ―に塗っても良いですね。

組立【枠】

さぁいよいよ組立です!

3辺の枠と扉2枚を組み立てます。

クランプなどで固定して計4か所コーススレッドを打っていきます。(各カ所2本ずつ)

私はビス頭を隠したかったので皿取り錐で、かなり深めに開けました。この穴は最後に下のようにダボで埋めます。

    

ここで一つポイント

『ビスは一ヶ所2本ずつ』
1本しか打たないと相手材がくるくる回ってしまい全然安定しないためです。

ちょっと狭い所に2本打つので、ひび割れを防ぐため下穴を開けてからコーススレッドを打っていきます。

5つの枠が完成します。

組立【金網】

ネット上ではチキンネットと呼んでいる人が多いですが、本当は亀甲金網って言います。

この金網をタッカーで留めていきます。

はみ出た部分はニッパーでカットしますが、想像以上に硬い!ずーっとカットしてると、手がしびれてくるので休憩を挟みながらゆっくり進めていきます。

金網が取り付けられたら、金網の先端を隠すためにMDF材をつけます。これが無いとケガをする恐れがあるので必ず行った方がよいです。

組立【仮組&鬼目ナット】

それぞれのパーツの接合は組立/分解が出来るようにボルトと鬼目ナットを使用します。

鬼目ナットとは、ネジが切ってある金属を埋め込み、ネジ(ボルト)のつけ外しを出来るようにするものです。コーススレッドだと何回かつけ外しをするとネジが利かなくなりバカになってしまいます。

枠ができたら一度仮組をします。

歪みが無いか、ガタガタしないかなどを確認して大丈夫だったら、ボルトで止めるためのφ6の下穴を開けます。

穴を開けたら一度ばらして、その穴を目印に鬼目ナット用にφ9に穴を広げます。

鬼目ナットは六角レンチで付けます。このタイプだと、ストッパーがあるのでねじ込み過ぎないので便利ですよ。

ここで3辺の枠は組み立てます。次に3辺をつなぐ横棒を取り付けます。これが無いと強度が全くなくなってしまいます。この横棒のも枠と同様に鬼目ナットを取り付けます。

※ここで注意するのが、上側の横棒の向きです。40mmの辺が縦になるようにとりつけること!!理由は30mmの方を縦にすると、天板組み立て時にボルトが板を突き破ってしまうためです。最悪ボルトを短くすればOKです。

組立【扉&鍵】

扉は蝶番の固定部に鬼目ナットを取り付けます。扉か枠かどちらか片方で大丈夫です。もう一方は普通にビス締めしちゃいます。

開け閉めの時に扉が床に擦らないようにちょっと浮かせて取り付けるのがコツです。スムーズに開くようになりますよ。

お次は取っ手と鍵。

         

お好みの取っ手をつけるとより愛着が湧きますね~。鍵は外につけると子供が開けられるので内側に付けました。

組立【天板】

最後に天板です。これがあると結構便利です。コップを置いたり、お鍋の蓋を置いたりとちょっとした物置があるだけでだいぶ変わります。

初めに下の写真のように天板を置いてしまいます。この状態でクランプで固定し、φ6の下穴を開けます。一度天板を外して鬼目ナット用にφ9の下穴を天板に開けます。

下の写真のように鬼目ナットを取り付けます。

※注意点:天板は厚み18mmと薄いので突き破らない様にドリルストッパーや目印をつけて貫通させない様に

あとは天板をボルトで固定すれば完成です!!


我ながらいい感じです。これで子供も触れない様になりました。さらにこれすべて分解できるので、冬が終わったら分解して収納することができるんです!いやー便利!(自画自賛)

まとめ

おしゃれな石油ストーブを子供がいるから使えない…なんて悩みもDIYで解決!

このストーブガードを作る前はネットで色々調べたのですが、参考になるのが無く「じゃあ自分で作っちゃうか」ということで作ることにしました。

自分好みのデザインにも出来るのがDIYの醍醐味の一つですよね。

皆さんも楽しいDIYライフを!

ABOUT ME
MIC
MICです。 1983年生まれのメーカ勤務のリーマンです。 2019年4月より横浜⇛大分に移住 中古住宅購入をきっかけにDIYにハマり色々と作っています。移住を機に売却しました・・・。 DIY体験をメインに温泉や子供イベントなどの情報も発信しています。 第2種電気工事士。webライターとしても活動中。