電気工事

第2種電気工事士 筆記試験にいってきました

実際に第2種電気工事士免許の筆記試験に行ってきた体験記を綴ります。

私が受験したのは2016年の下期です。

電気工事士になろうと思ったきっかけ

そもそも私が電気工事士になろうと思ったきっかけは、中古住宅のDIYでした。

玄関の照明がどうも好みに合わずどうしても替えたい!スイッチをアメリカンスイッチに替えたい!という想いが前からあり、ネットで色々調べていました。

そこで電気工事士の存在を知ったのですが、受験を決心するまで1年くらい悩みました。しかし色々な方のDIYブログを読んでやっぱり替えたい!という想いが芽生えて一念発起、電気工事士になろうと決心したわけであります。

当時仕事がちょうど落ち着いて、しばらく残業が無かったのもよいタイミングでした。

2016/10/1 筆記試験当日

2ヶ月ほど勉強して、いざ筆記試験の会場へ

過去問でも合格ラインを取れるようになって臨んではいましたがやっぱり当日は緊張…

会場が近づくにつれて、受験者かなという人がいたり

近くでアイドル?か何かのイベントがあるのか
同じようなTシャツを着た人がいたりちょっとカオス感を感じつつ会場へ

試験会場は展示会などを行うめちゃ広い会場でした。
会場から予想はしてましたが受験者数の多いこと。

元々会場には何度か来たことはありましたが、受験票の会場を見てここでやるの!?と思っていました。
受験者数はおそらく軽く千人以上いたかな?

試験を受ける机は3人掛けの長机に両端2人で座って試験を受けるような形。

座ってみると、会場が広すぎて手元が暗い…こういう点は会場が大きいと不利ですね。特に年配の人は見づらいだろうなぁと感じながら試験時間まで復習。

ちょっと辺りを見回してみると、自分も含めておじさんが7割、制服着た学生が3割

試験時間15分位前から
試験の説明と問題用紙の配布&氏名・受験番号の記入などの前準備

13:00 筆記試験開始

順番に解いていきましたが、計算問題にちょっと苦戦。他は過去問の傾向とほぼ同じ、1時間はかからず解けましたが、見直しを3~4回行って14:30頃に試験官に渡して退出しました。

試験開始後1時間から退出可能ですが、結構早々と帰る人が多かったです。

ただ、ここは全く気にしない方が良いですね。電気工事士試験は特に上位何名合格というくくりはなく、合格点に達すればOKなので自分が納得行くまで時間をかけた方がいいです。

私は見直しで何問か間違いを見つけました。

16:00 オーム社の解答速報で答え合わせ

16:00にオーム社のサイトで解答が発表されます。

ドキドキしながらも早速答え合わせをしましたが、一問のみ間違えただけでした。

これは確実に受かってる!と思ったので早速技能試験の教材セットをポチりましたよ。

技能試験の勉強方法と試験の様子はまた別の記事で書きたいと思います。

試験を受けての感想

試験はとにかく自分のペースでわかるところから解いていく事が重要かなと思います。

試験時間も二時間ありますし、4択なのでちょっと迷っても近い値の選択肢を選べば結構当たりますよ。

ただ、ここで受かっても技能試験というラスボスが待ち構えていますので気を抜かない方でくださいね。ラスボスは結構手ごわいです。

ここまで来ればあともう少しです!頑張りましょう!

ABOUT ME
MIC
MICです。 1983年生まれのメーカ勤務のリーマンです。 2019年4月より横浜⇛大分に移住 中古住宅購入をきっかけにDIYにハマり色々と作っています。移住を機に売却しました・・・。 DIY体験をメインに温泉や子供イベントなどの情報も発信しています。 第2種電気工事士。webライターとしても活動中。