電気工事

第2種電気工事士 技能試験にいってきました

今回は実際に第2種電気工事士免許の技能試験に行ってきた体験記を綴ります。

私が受験したのは2016年下期です。

筆記試験に合格し、前日までに3回通り技能試験の練習をおこなっていたので準備は万端でした。

試験前日 子どもの急病で寝られず

試験前日 早めの就寝

最後の練習を終えて、試験に持っていくものの準備や受験票、筆記用具を鞄に入れて試験のために早めに就寝。

深夜2時、娘の突然の嘔吐で起こされる

突然娘が嘔吐する音で目が覚めました。
娘は泣き出し、私と妻は着替え、布団の取り替え、掃除でドタバタ・・・
若干熱もありしばらくぐすってしまい、結局寝たのは5時過ぎ。
うぅ眠い・・・

12/3 試験当日 寝不足

集合10:50 試験開始は11:30 だったので8時に起床して一人で朝食をとり、出発時間まで2問練習してから家を出ました。

この時点ですでに緊張。やっぱり試験となると緊張しますね。

会場到着 中ではちょっとしたトラブルが・・・

会場はとある専門学校。筆記試験よりはこじんまりしていました。

1クラス30人くらいの教室が1フロア5部屋位ありました。それが2フロアあったので受験者数は300人くらい。

机は3人掛けを2人で使えるタイプだったので、噂で聞いていたよりも広く、奥行きは45cm位でしたが幅はいくらでも使える感じでした。台紙がしいてありこの上で作業して下さいという感じでした。

入って早々、50代くらいのパンキッシュなおじさんが試験官にキレ始めました。

試験官「本部に確認したんですが、台紙は試験開始後にテープで止めて下さい。なので一度テープを取ってもらますか?」

パンクおじさん「なんだよ!ちゃんと最初から把握しとけよ!ふざけんなよ!」

試験官「申し訳ありません(汗)」

なにやら、机にある台紙を試験開始前にテープで止めていいかどうかで揉めていたようです。まあ滑りやすいので、止めたいのも分かりますけど・・・そんな怒らんでもねぇ。

パンクおじさんは、タイマーやら机に貼り付ける定規やら色々持ってきて、めちゃくちゃ気合が入っていましたね。

おそらく前年に技能試験で落ちて、翌年に技能試験のみ受験しに来た人だったみたいです。一年に一度しか受けるチャンスが無かったから(2018年から年2回可能)無理もないです。

しばらくして、タイマーをいじっていたパンクおじさんが不意に「ピピピピ!ピピピピ!」と鳴らしてしまいました。

すると試験官が

試験官「いま音を鳴らした人は出てきて下さい!もし試験中にならしたら即刻退席してもらいますよ!」

パンクおじさん「・・・」

試験官「もう一度言いますよ。もし試験中に鳴らしたら、退席の上失格となりますよ!」

パンクおじさん「・・・」

だんまりを決め込むおじさんでしたが、ちょっとしてからコソっと試験官のところに行って「鳴らしたの俺なんだよね、音は鳴らないようにするからストップウォッチとして使っていい?」的なことを聞いていました。

(もう・・・静かにしてくれよ・・・)

多分同席していた人はこう感じていたでしょうね。

11:00 試験前準備

11:00 試験を開始する前に、問題用紙や試験器具(コンセントやらケーブルやら)の配布。

そして試験器具の中身に足りないものが無いかチェックをします。実はこの段階で試験内容がわかります。

自分の苦手な問題であっても、試験開始まで時間はあるので、ここで心を落ち着かせましょう。

試験開始まで、問題用紙を裏返しのまま待機するのですが、問題用紙がちょっと透けて見えるんです。単線図が見えるので、ここで確実に問題が判明します。私はこの段階で何度も書いた複線図を頭の中で描きました。

11:30 試験開始

試験官の「始めて下さい」の合図で試験が始まります。
すぐに問題用紙を表にして頭の中で描いた複線図を問題用紙に書き込み、作業に入ります。

何度も練習した型に沿って進めていきました。

器具を配置して、ケーブルをカット、コンセント類を組み立て、ケーブルの被覆を剥いて各器具に接続、リングスリーブと差し込み型コネクタで接続。最後に自分の名前を書いたタグを取り付けて完成!

所要時間は15分くらいでした。

おそらく同じ試験会場で一番早く出来た自信があります。

残りの25分で欠陥はないかを何度も確認して試験を終えました。

試験を終えて

試験が始まる前はかなり緊張しましたが、練習のおかげで落ち着いて試験に取り組むことが出来ました。やはり自信をもって挑むには練習あるのみですね。

とはいえ、合格発表までは緊張しましたよ。しかも年明けでしたからね。すっきりした正月が迎えられなかったです。

ちょくちょく2ちゃんねるで試験終わった人のコメントを見たりもしてました。

その中でランプレセプタクルが締め付ける時に割れた人が多くて、運営に文句を言っている人が多かったですね。ただ、割れたと言ってた人も結構受かっていたので、あんまり気にしない方が良いかもしれません。

なるようにしかならないので、あとは自分の作品を信じるしかないです!

 

この試験当日の体験記で何かしらヒントになれば幸いです!

ABOUT ME
MIC
MIC
MICです。 メカ系技術者のDIYer。 2019年に横浜から大分に移住しました。 横浜時代に中古購入後DIYにハマり、ウッドデッキをはじめ様々なものを作って来ました。そのときに学んだノウハウをご紹介しています。