ネジ

コーススレッドって何?役割と使い方

『DIYといえばコーススレッドってネットに載ってたけど、コーススレッドって色々あるなぁ。形も色も長さも沢山ありすぎて、どれを選べば良いのか・・・ってか、そもそもコーススレッドって何?』

という疑問にお答えします。

ここではコーススレッドの特徴・種類・使い方を説明します。

コーススレッドの特徴

別名粗目造作ビスと言います。

こちらの記事でも説明した様に、コーススレッドは強力な締結力が特徴です。

昔は大工が使う工具と言えば釘でした。口に釘をいっぱい含んでトントンカンカン金づちを打っているイメージがあると思います。ところが釘は締結力が弱く、引っ張れば外れてしまいます。

そこで登場したのがコーススレッドです。ネジを釘のように細く長くし、釘の代用にしました。さらにネジ山とピッチを大きくすることで締結力を増大させ、締結力は釘の5倍とも言われています。

締結力が強いため、強度が弱い木材や薄い木材などに使用する場合は、締め付けすぎると割れてしまう恐れがあるため下穴をあけたり、細いものを使用すると良いでしょう。

コーススレッドの種類

コーススレッドには全ネジと半ネジというものがあります。どちらを選ぶかで作業性がかなり変わってくるので必ず押さえておきたいポイントです。

全ネジ:ネジ頭~先端までネジが切られたもの
半ネジ:ネジ頭~1/3程度まではネジが切られていないもの

『基本半ネジを選んでおけばOKです』

理由を下で説明していきます。

半ネジ

半ネジの場合ネジが利くのは下の木材(B)です。上の木材(A)にはネジは利きません。そのためネジ頭と木材(B)の間に木材(A)が挟まれていき、2つの木材が隙間なく締結されます。

ネジを打つ時にしっかりと固定しなくてもきちんと締まってくれるので、作業性は非常に良いです。

デメリットは経年劣化で木が痩せてしまうと上の木材(A)にガタつきが生じる点です。この場合は増し締めをすれば大丈夫なので、あまり気にしなくても大丈夫です。

全ネジ

全ネジの場合、上の木材(A)と下の木材(B)の両方にネジが利きます。すると木材(A)と木材(B)の間に隙間が空いてしまうと、その隙間が空いたまま締結されてしまいます。

全ネジで木材を締結する場合はクランプなどでしっかりと隙間なく固定した状態で打つことがとても重要です。

作業は面倒ですが、経年劣化で木が痩せてしまってもガタつきなどが生じにくいという利点もあります。

短いコーススレッドは全ネジしか無い!?

余談ですが、ホームセンターで売っている短いコーススレッドは全ネジしかないことが多いです。本当はちゃんと半ネジもありますが、流通の関係上全ネジが多いようです。

半ネジをどうしても手に入れたい方は、『Monotaro』でゲットしましょう。送料はかかりますが、なんでも揃います。ただ短いネジの場合は強度は木ネジでも十分かと思います。

コーススレッドの使い方(下穴の径と深さ/必要な長さ)

下穴の径と深さ

実際にコーススレッドを使用するためには下穴が必要です。(必須ではないですが)

コーススレッドには『3.8×51』のような表記がされています。
この場合
3.8=呼び径(太さ)
51=呼び長さ(長さ)を指します。※用語の詳細な説明はこちらの記事を参照

下穴径は呼び径の70%
下穴深さは呼び長さの50% が一般的です。

上の例ですと
下穴径は2.5mm~2.6mm
下穴深さは25mm が適切ですね。

この数値はあくまで目安です。
下穴径については、柔らかい材料(SPF/桐/ファルカタ等)では50%でも十分です、70%もあけるとネジが利かなくなってしまうこともあります。硬い材料(ハードウッド)では最低でも70%あけると良いと思います。

下穴深さについてはそこまで神経質にならなくても良いです。多少深く打ってしまってもそこまで強度は落ちません。

必要な長さ

コーススレッドの長さをどうやって決めるのかは、締め付ける材料の厚みによります。締め付ける上の木材(A)の厚みの2倍以上の長さがあると十分です。

板厚25mmの木材を締め付けたい場合はコーススレッドの長さは50mm以上があると良いでしょう。

しかし、25mmの板に20mmの板を取り付けたい場合などはその限りではありません。このような場合はさして強度が必要ない場合が多いので、ビスが飛び出ないような長さで打ちめばOKです。

まとめ

コーススレッドは木工には欠かせないものですが、その使い方を間違えるとうまく組み立てられなかったり、強度が足りなかったりと思わぬ失敗の元となってしまいます。そうならないためにも簡単で良いので知識をつけて、楽しいDIYライフを送りましょう!

ABOUT ME
MIC
MIC
MICです。 メカ系技術者のDIYer。 2019年に横浜から大分に移住しました。 横浜時代に中古購入後DIYにハマり、ウッドデッキをはじめ様々なものを作って来ました。そのときに学んだノウハウをご紹介しています。