ネジ

ネジ(ビス)の打ち方~まっすぐ打つ方法~

DIY初心者『よっしゃ!必要な材料もそろったし、さぁ組み立て開始!えーとこの板とこの板を合わせて、よしビス打ちだ!』

ガガガガガッ!

『あっ!!変な方向にビス打っちゃった・・・。しかも下の木からビスが飛び出してる~やり直しだ(泣)まっすぐビス打つのって難しいよ~なんかいい方法ないのかな?』

そんな疑問にお答えします。

ビスをまっすぐ打つのって意外と難しいですよね。材料突き破ってしまった日には・・・失敗跡を見るたびにショック受けてしまう、なんてことも。作業に慣れてくるとつい雑になってしまい私も何度かやってしまったことがあります。。

ここでは、まっすぐビス打ちするためのコツ、必要な工具などを説明していきます。

ビスをまっすぐ打つコツ

ビスをまっすぐ打つには『下穴をあけることが重要』です。

しかし、下穴錐やドリルをすぐに用意できない場合もあるため、難易度を3つに分けて説明していきます。ここでは、電動ドライバーを使用した場合を想定しています。

(難易度大)下穴をあけない場合

下穴をあけない場合、綺麗にまっすぐ打つのはなかなか難しいです。多少曲がっても大丈夫なくらい板が厚い場合や、気にしない人は良いかと思います。

コツは『一度で一気に締めないこと』です。
①ドライバ―をゆっくり回してビスで穴をあける。
②数mm程度開けてから一度ビスを外す。(軽く下穴をあけるイメージ)
③開けた穴にまっすぐビスを立て、一気に打ち込んでいく。

下穴をあけない場合に一番難しいのは、最初にビスが固定できないことです。手で回転するビスをしっかりと押さえるのって結構難易度高いですよね?

一度ゆっくりドライバーを回してビスを軽く固定できるような穴をあけるのが、失敗をしないコツです。キリなどで目印を作るのもいいですね。

(難易度中)下穴をあける場合

『下穴をあける』実はこれがビスをまっすぐ打つコツです。

下穴がまっすぐに打てれば、あとはその穴に沿ってビスが入っていくだけです。

下穴は木工用ドリルや下穴錐という下穴をあけるためのドリル(先端に向かって細くなっている)を使用すると良いでしょう。

下穴をまっすぐ開けるには
①電動ドライバーを打つ木材に対して垂直に立てること。
※ビスの打ちたい方向の延長上に視線を持ってくることが重要。
②初めはドリルが安定しないので、ゆっくり穴をあけていく
③数mm入ってドリルが安定したらスピードを上げて掘っていく

下穴をあけていると、その穴にビスを仮固定できるので作業性も良いです。

下穴をあけるのが面倒臭いかもしれませんが、「急がば回れ」で下穴を開けた方が失敗しにくいですし、作業性も高いので、結果的に後悔しないと思います。

(難易度小)ツールを使う

まっすぐ打つためには→下穴を開ける→下穴をまっすぐあける方法は?という順番での最後疑問の部分ですね。

コツは上でも説明しましたが、電動ドライバーを打つ木材に対して垂直に立てること。
ですが、これも難しいよ!という方は、工具に頼りましょう。

ドリルガイド

その名の通りドリルのガイドです。種類もいくつかありますが、ここではこちらの商品について説明します。

このドリルガイドは簡易的な役割で、手でガイドをしっかりと抑えたうえで、中央の穴とビス打ち箇所とを合わせて、あとは一気に彫り込んでいきます。

手で固定するのでちょっと不安定ですが、手持ちサイズなので色々な所に気軽に使えるのがメリットです。

これ以上の制度が必要な場合は電動ドライバーを固定するドリルガイドが必要になります。結構大がかりで高価な上取り回しが悪いのでかなり制度が必要な家具などの製作でなければ特に必要ありません。

番外編:水準器

これはちょっと特殊な方法なので参考にどうぞ。

丸い水準器を用意して、電動ドライバーに取り付ける(両面テープ等で)。
電動ドライバーを水準器を見ながら水平になったところで下穴を開けていく。

この方法ですと電動ドライバーを立てて使うことが出来ないので、使用場所が限られてしまいます。

まとめ

ビスをまっすぐに打つためには以下の2点に気を付ければOKです。

・ビスをまっすぐに固定する
・下穴をまっすぐあける

DIYをやっていると、上で紹介した方法以外にも自分で気づくことも多いでしょう。色々経験して自分なりの方法を見つけてみて下さいね!

ABOUT ME
MIC
MICです。 1983年生まれのメーカ勤務のリーマンです。 2019年4月より横浜⇛大分に移住 中古住宅購入をきっかけにDIYにハマり色々と作っています。移住を機に売却しました・・・。 DIY体験をメインに温泉や子供イベントなどの情報も発信しています。 第2種電気工事士。webライターとしても活動中。