電気工事

第2種電気工事士 独学のすすめ 技能試験のコツ

技能試験練習1周目の人『技能試験の工具も練習セットも買って、実際に練習してみたけど、めちゃくちゃ時間かかる…。本当に40分以内に作れるようになるのかな?なんか早く作れるようになるコツってあるのかな?』

そんな悩みにお答えしましょう。

ここでは技能試験について、技能試験の作成手順、技能試験スピードアップのコツを説明していきます。

技能試験について

技能試験は制限時間40分以内に指定された問題を1問作成します。

技能試験の問題はあらかじめ13問用意されており、本番はその中から1問が出題されます。つまり13問の何が来ても作れるように練習しておく必要があります。

しかし、ただ作ればいいわけではなく、正確に作らなければなりません。
電気工事をする以上欠陥は許されません。もし失敗してショートや漏電などが発生すると火事など人命に関わる事態になります。

そのため重大な欠陥については一発不合格になります。軽度な欠陥については3つで不合格です。

一発不合格の欠陥(代表例)
・未完成、配線間違い ←これは当然ですよね・・・
・芯線が見えるほどの傷がある
・リングスリーブの圧着サイズ間違い
・リングスリーブから芯線が10㎜以上はみ出たもの、又は出ていないもの
・スイッチの接続部から芯線が見えているもの

等々、挙げていくとかなりたくさんあります。
電気工事士試験センターのHPに判断基準が載っていますので参考に。

とにかく芯線のはみ出し/差し込み不足は一発不合格になるのでご注意を!!
※芯線のはみだし部分にほこりが堆積し火事に発展する恐れがある
※芯線の差し込み不足は、芯線が外れ漏電やショートの原因となり火事に発展する恐れがある

技能試験の作成手順

準備

会場の机は非常に狭い場所もあるので、それを想定したサイズで練習します。狭い所だと高校の机程度(幅60×奥行45)なので非常に狭いです。

私の場合ランチョンマット2枚分を敷いて作業していました。机が傷つかないし便利ですよ。

実践

自分のやり方があると思いますが私のオススメをご紹介すると
①複線図を描く
②複線図通りに器具を配置する
③ケーブルを所定の長さにカットして、②に配置する
④器具類同士を取り付ける(例:スイッチとスイッチプレート)
⑤被覆を剥いたケーブルからそれぞれの器具に接続していく
⑥ケーブル同士を接続していく

以上の順番で作成するとスムーズですよ。簡単に中を説明しましょう。

①複線図を描く

これは特に説明不要ですね。とにかく早く複線図を描くことを意識しましょう。

②複線図通りに器具を配置する

複線図の通りにランプレセプタクルやスイッチ、端子台などを配置してください。机に置くだけです。

③ケーブルを所定の長さでカットして②に配置する

VVFケーブルなどを問題で指定された長さを測り、カットしていきます。この時両端の被覆を剥く長さ100㎜を軽く折り曲げておくと、接続のイメージがついてわかりやすいです。

注意点はケーブルの長さを間違えない様に!ケーブルは足りなくなっても支給してくれません。

意外とここがコツですね、まず完成形をイメージしやすいように配置する
私が初めて練習した時は、ケーブルを所定の長さに切って適当に置いていたので「あれ?このケーブルどこに繋げるんだっけ?」と2度手間に・・・

④器具同士を取り付ける

スイッチとスイッチプレート、アウトレットBOXと金属管やゴムブッシングなどはこのタイミングで取り付けてしまいましょう。

⑤被覆を剥いたケーブルからそれぞれの器具に接続していく

ここで、ケーブルの被覆を剥いたものから器具に差していきます。接続する器具によって被覆を剥く量が違うので、剥いたらすぐに器具に取り付けましょう。一度置くと、どれに繋げるものか忘れやすいですので注意です。器具にケーブルを接続したものを複線図の配置におきます。

⑥ケーブル同士を接続していく

リングスリーブか差し込みコネクタに合わせて剥いてから接続していきましょう。本数が多いリングスリーブの圧着はハミ出しや線噛みに注意が必要です。

この型を覚えてしまうと、とても楽になりますよ。

技能試験スピードアップのコツ

ここでは私の経験上、技能試験のスピードアップのコツを説明します。

①とにかく複線図の練習をする。

複線図を描けないと問題は解けませんよね。とにかく複線図を早く描けるように何度も練習しましょう!

複線図は紙とペンだけあればできるので、数をこなして1~2分で描けるようにしましょう。

この時、フリクションの三色ボールペンを使うと便利ですよ。

②腰巻の工具入れを用意する。

技能試験の机の上は狭いので、工具を置くスペースがほとんどありません。そこで腰巻き工具入れを用意しましょう。

お腹の前に工具の出し入れするスペースをつくると、机の上を広く使えます。

机に出しっぱなしにしてしまうと意味がないので気を付けて下さいね。

③ケーブルの長さは手で測る

これが一番のスピードアップ術です。

定規でいちいち測っていたら時間がかかりますし、長さの誤差は100mm位あっても合格できるので、手で測って時間を短縮しましょう。

「グー」は100mm  「いいね」は150mm  です。

私はこれを覚えてから飛躍的に作業時間が短くなりました。

先端の被覆を剥ぐときはVVFケーブルのメモリで十分OKです。

④苦手な所は動画をチェックする。

VVFケーブルを被覆を剥く際の力の加減や「の」の字の作る所など自分の体で覚えるしかないのですが、何度やってもうまくいかない場合もあると思います。

そんな時は動画をチェックしましょう。YouTubeに技能試験作成の動画がいくらでもありますので、わからない所だけでもチェックしましょう!

まとめ

技能試験の作成手順とスピードアップのコツを説明しました。

一度自分なりの作成手順の型を作ってしまえば、どの問題でも対応が出来るようになります。そして上で紹介したスピードアップのコツを実践していけば、大体20分で作れるようになりますよ。

とにかく数をこなして、慣れていきましょう!

ABOUT ME
MIC
MIC
MICです。 メカ系技術者のDIYer。 2019年に横浜から大分に移住しました。 横浜時代に中古購入後DIYにハマり、ウッドデッキをはじめ様々なものを作って来ました。そのときに学んだノウハウをご紹介しています。